こじま歯科医院

痛くない、怖くない歯科治療のプロ
 076-493-7399
ご相談はこちら

インビザライン

インビザラインとは

インビザライン(invisalign)とは、全世界で400万人以上の患者さんの治療に使用されている、透明な“マウスピース”の矯正装置です。

ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。
また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。
通院回数も少なくなった、新しい矯正装置です。

透明で目立たない

他のマウスピース矯正には無い、インビザラインの特長

  • 従来のマウスピース矯正では難しいとされる、様々な症例に対応できる。
  • コンピューター処理により治療計画を算出する為、予知性が高く、精密な診断をすることが可能になる。
  • 患者様が治療前に、歯の動きや治療後の歯並びを視覚的に確かめることができる。
  • 1回の型取りで全てのマウスピースが製作できる。

インビザラインの製作工程

初めに精密な歯型をとり、個別に制作した治療計画フォームと共に米国(アライン社)に郵送します。
届いた歯型は3次元にデータ化され、コンピューター上で、歯をどのように動かしていくかなどの計画を立てていきます。その計画を完成度の高いものにする為には、“矯正歯科医が細かく指示を出し、それに基づきプログラマーが修正を行う”工程を何度も繰り返し行うことが必要となります。
計画が完成し、患者様の同意が得られると、計画に忠実に沿った段階ごとのマウスピースが、1度に全て制作されます。

患者様の型取りの負担も少なくすみ、来院頻度を少なくすることが可能です。また、マウスピースの個数が最初にわかる為、おおよその治療期間を予想する事ができます。

他のマウスピース矯正の製作工程

初めに歯型を採り、歯科技工士が模型上で少し歯を動かした状態を予測して、マウスピースを作製します。そして歯が少し移動した頃に再び歯型を採り、同じようにしてマウスピースを作製します。この作業を治療が完了するまで何度も繰り返します。

2018.07.21 Saturday